沖縄県の印刷物発注事例

A.Nさんの場合

広報用の資料を1000部、発注しました。印刷の質は安定していて、特に問題ないクオリティです。どこに出しても恥ずかしくないものが出来上がりまして、上司にも納得してもらいました。

U.Yさんの場合

個人で塾の経営をしています。地元の小学生から中学生までを教えています。簡単に塾の案内を作れないか悩んでました。自分で作ってもいいのですが、なかなかデザインも思い浮かべず困り、印刷会社に依頼しようと考えました。日頃、取引もないので、どこに依頼したらいいかわからず、簡単にできる冊子見積り一括サービスを利用しました。すぐに見積りが出て、納期も短い所が多く、一番最初に見積りが出た会社に依頼しました。出来は、満足です。

K.Oさんの場合

自分で英会話教室を開くことにしました。やはり教師として名前を売り込みたいと思うので何か自分を表すものが必要です。看板は自分で作りました。すでに教室の場所も確保をしてあります。これから宣伝のためにチラシも必用です。チラシを作り、自分が何者なのかを相手に覚えてもらうには、自分の名前が書いてあるカードが必要です。私は印刷会社にそのカードである名刺を作ってもらおうと思いました。どこの会社が良いか選ぶため一括見積りサービスを使いました。
このページの先頭へ