大阪市の印刷物発注事例

S.Yさんの場合

マンションを建てるための説明会を行うことになり、そのための資料を冊子として作ることになりお願いしました。ホッチキス留めの簡単な冊子でしたが、綺麗に作成していただけて大変助かりました。

E.Tさんの場合

デパートのエントランス部分には、店内の案内用のフロアガイドのパンフレットを置いています。その配布枚数は年間50万部以上なので、印刷会社の一括見積サービスで、低コストで冊子の印刷が可能な業者を選ぶことにしました。そして価格に自信のある4つの業者が電話で見積もり金額を提示しました。また複数の業者が見積もりを示したので、業者間で更に競争してもらい、より一層の値下げを実現しました。そのために予定よりも2割程度割安に発注できました。

N.Tさんの場合

以前、印刷会社に見積を頼んだ時、どんな種類の印刷用紙を使うのかによって見積金額が大きく違ってくることに驚いたことがあります。紙なんか何使ったって同じだろう、という甘い考えは一遍に吹き飛んだものでした。たとえ名刺を1ケース頼むだけでも、用紙を何にするのかによって値段はかなり違うのです。とにかく少しでも安く作りたい場合は、用紙もお任せで一括見積をお願いすると良いでしょう。そうすれば、最安値で作ることができます。
このページの先頭へ