広島市の印刷物発注事例

A.Oさんの場合

この度、取引先とアポを取り、近々お会いすることになりました。が、今更になって名刺を切らしていることに気づきました。社員にとって名刺は必需品。すぐに印刷会社に名刺の印刷をお願いしました。すぐに対応してくれたので助かりました。

E.Mさんの場合

社内資料は例年、自社内で印刷していたのですが、人員削減などで追いつかなくなったため、印刷会社に依頼することになりました。出入りの業者などはなかったので、検索していると一括見積のサイトが見つかりました。複数の見積を手軽に集めることができるということで、早速利用しました。届いた見積書を見比べると、意外に安くできるのだと感じました。とりあえず一番安い業者に依頼したのですが、冊子の仕上がりは十分きれいで大満足です。

D.Kさんの場合

自分が何者であるか、紹介するのが名刺です。会社に勤めていたころは、会社から支給をされていた覚えがあります。定年退職をした今、趣味の仲間内でその必要性を訴える声が多いです。なので、最低限の情報を書いた趣味の物をつくります。印刷会社の一括見積サービスを利用します。趣味の物ということで、請け合ってくれない業者もあります。作る枚数がすくないので仕方がないです。見積もりサービスでなんとなくの費用もわかりますし、業者もわかります。助かります。
このページの先頭へ